メニュー

女医

突如として現れる大腸がんの治療|カンペキな必勝法を伝授します

このエントリーをはてなブックマークに追加

がん治療に役立ちます

カルテ

治療技術が向上している現代社会でも、がんは注意深い対処が必要な疾患です。副作用がなくて安全性の高い免疫療法が注目を集めて実績を上げていますが、発展途上なので効果には限界があります。他の治療方法と併用することが、治療の可能性を高くします。

読んでみよう

咽頭に発生する癌の対処法

病院

咽頭がんは、咽頭の声帯に多く発生する癌のことで基本的には放射線治療や化学療法が行われます。セルフチェックを行うことで、癌の発見に役立てることが出来るので定期的に健康診断とともに自分で行うチェックも大事にする必要があります。

読んでみよう

放射線によるがん治療

医療ベッド

がんの放射線療法の一つであるサイバーナイフは、現在では保険や各種制度が利用できるため、費用の負担を軽減することが可能です。サイバーナイフによる治療は、切開を伴わない負担の少ない療法であること、腫瘍を的確に消滅させられることから注目を集めています。

読んでみよう

ステージによりさまざま

痛がる女性

早期発見で完治をめざす

大腸がんは比較的自覚症状が出にくい病気です。初期では特に症状がない人が多く、出血や便秘・下痢を繰り返したり、腹痛などでおかしいと気づく人が多く、その段階での検査でがんが発見されることがあります。大腸がんは男女ともに日本でのがん死亡率が高い病気ですが、便に血が混じっていても「痔だろう」と放置したり、女性の場合は恥ずかしさなどで受診が遅れがちになり、進行してしまうがんでもあります。大腸がんは早期に発見すれば完治しやすいとされているがんです。日頃から便の様子を気にかけ、定期的な検査を受けること、少しでもおかしいと感じたら速やかに受診することで早期発見が可能となります。転移してしまうまえに、早期治療することが大事です。

基本は手術

突如として現れる大腸がんの治療方法を知りましょう。大腸がんと診断されたら、すぐに治療がスタートします。がんにはステージというものがあり、ステージにより進行度や治療法も違います。初期であれば、内視鏡によるがん切除手術が行われます。少し進行している場合、内視鏡で取り残してしまったり、リンパ節転移を起こしている可能性もあるため、転移の危険性のあるリンパ節を部分切除します。内視鏡手術は体の負担が少ないですが、がんの大きさなどにより開腹手術になる場合もあります。ステージ2・3になると手術後、再発を予防するために化学療法がおこなわれます。抗がん剤治療や放射線治療などの治療法が取られます。大腸がんの診断を受けたら、まずは自分のがんの進行度を理解し、治療法を担当医とよく相談することです。