メニュー

ナース

突如として現れる大腸がんの治療|カンペキな必勝法を伝授します

このエントリーをはてなブックマークに追加

咽頭に発生する癌の対処法

病院

セルフチェックを行うこと

咽頭がんというのは、咽頭に出来るがんのことでその多くが声帯に出来ます。一番最初に、声がしわがれているような感じがして食事をする時や何か飲む時などに違和感を感じることがあります。その後、癌が進行すると徐々に痛みが出たりものが飲み込みにくくなったり痰に血が混じることもあります。風邪でもないのに咳がやたら出たり頸部のリンパ節が腫れるなどの症状が出ます。咽頭がんの原因は、喫煙や大気汚染、声の使い過ぎなどによって起きる炎症が刺激となることであると言われています。そのため、日頃から声を使うような職業の人や仕事で空気の悪いところなどに居る時間が長い人は日頃からセルフチェックを行って病気の発見に努めていくことが大事です。

放射線または化学療法

一般的には、癌の治療というと癌が発生した部位を切除して体から消滅させることで完治させることが可能になりますが、咽頭がんの場合は普段食べたり飲んだり声を出したりするのに使う部位であるため、通常の外科手術は行われないことがあります。日常生活に支障がない程度に機能を残すため、多くの場合は放射線治療または化学療法が取られます。癌が小さければ小さいほど治療も楽になり、選択肢の幅も広がりますが癌が大きくなればなるほどリスクが大きくなるので癌の発見が非常に重要です。咽頭がんは、中高年代の男性に特に発症が多いと言われているので病院での定期的な健康診断は欠かせないようにしながら自分で出来るセルフチェックも行うようにします。