メニュー

ナース

突如として現れる大腸がんの治療|カンペキな必勝法を伝授します

このエントリーをはてなブックマークに追加

放射線によるがん治療

医療ベッド

世界的に患者数が多い病気としてがんが挙げられ、日本でも多くの方ががんの治療を受けています。がんは抗がん剤がメインの薬物療法のほか、腫瘍の部分を切除する手術療法で治療が進められます。最近では、新たな治療法として放射線療法が注目を集めています。放射線療法の中でもサイバーナイフは最先端の治療法として、がん治療に貢献しています。サイバーナイフは従来は60万以上の高額の費用が必要でしたが、今では保険が適用されて負担が軽減されています。さらに、高額医療に関する制度を利用することでより経済的負担を減らして治療を受けられます。サイバーナイフによる治療を受ける際は、一連の治療費用を見積もったうえで各種保険の問い合わせ先と相談することが大切です。

サイバーナイフによるがん治療が人気の理由には、身体的な負担が少ないことと的確な治療が行えることがあります。放射線によって治療を行うサイバーナイフは、従来のがん治療のように切開を伴うことがないため、傷口が閉じるのを待つ必要がなくなって回復期間を短くできます。その結果、身体への負担も少なく、痛みを伴う手術ではないために精神的負担も軽減されます。さらに、入院期間の短縮で経済的負担も軽減されます。サイバーナイフが人気の理由としてもう1つ重要なのは、腫瘍部分をピンポイントで治療できることです。従来の切除による治療法では、腫瘍の周りの組織に影響が出ることがありましたが、サイバーナイフは腫瘍を検出して的確に治療ができます。以上のように、安全性・信頼性・確実性がサイバーナイフ療法の人気を高めています。