メニュー

ナース

突如として現れる大腸がんの治療|カンペキな必勝法を伝授します

このエントリーをはてなブックマークに追加

がん治療に役立ちます

カルテ

現在社会は科学の発展と共に様々な病気に対する医療技術の改良が進められて、治療の実績が格段に向上しています。それでも、依然としてがんは、迅速に対処をして治療に臨む必要のある疾患です。したがって、治療効果を一層高くするために、現在も世界中で精力的な研究が進められています。その結果、外科治療や化学療法、放射線治療による従来の治療方法に加えて、近年は免疫療法が注目を集めています。最近では研究段階に留まらず、専門医療機関を中心にして治療を受けることが可能になっています。ただし、現時点では発展途上の治療方法なので、免疫療法の効果には限界があります。そのため、他の治療方法と併用することで、治療の可能性が高めることが大切です。

がんとは正常に機能していた自らの細胞に異常が発生して、肉体自体の損傷を招く疾患です。そのため、治療のためにがん細胞を減少させようとすれば、正常な細胞も傷付ける恐れがあります。その結果が副作用と言う症状として現れて、がん治療の難しさに繋がっています。一方で、免疫療法は人間が本来持っている免疫機能を向上させることで、がんの克服を図る治療技術です。そのため、原理的には副作用の発生する可能性が存在しないので、他のがん治療よりも極めて安全性の高い手段です。実際に免疫療法を経験した患者の中には、肉体的な違和感を感じたという事例は存在します。ただし、投与する免疫細胞の増殖に利用して残存した薬品の影響なので、副作用とは異なる症状です。